Top > 健康 > 妊娠中の便秘を忘れるくらいの大変なこと

妊娠中の便秘を忘れるくらいの大変なこと

便秘では腹痛を感じたり、気分が悪くなったり、ガスがいつも出て恥ずかしかったりします。

 

そして悪阻と便秘のダブルパンチで、なお食べられなくなります。

そして、便秘は痔に繋がることも少なくないのですから、スッキリとした便通を目指しましょう。

便秘予防には、お手洗いに行きたいのに無理しないことです。毎日時間を決めておいてとにかく便器に座るような習慣づくりが役たちます。一生懸命になっているときは、つわりの苦しさも幾らかやわらぎます。

働いているなら、業務に打ち込向ことで忘れられるかもしれません。

たとえば、コンサートに行ったり、仲の良い友達と話せば、その時はつらさも忘れます。

 

 

外に出るだけでも気もちが楽になります。人混みが少ない場所で平穏に過ごすと落ち着きます。

 

 

吐き気がおさまらないようなときは、脱水傾向に陥りやすくなります。

水分の補給を忘れないでちょーだい。

 

ごくごく飲むのが無理なら、ちびっとずつ飲むようにしてちょーだい。

 

爽快感のする柑橘系の味の飲み物ならベターです。

 

 

 

妊娠が発覚したらこれまでより長めに寝るようにしてちょーだい。昼間に幾らか寝ておくのも御勧めです。

 

妊婦さんは便秘に悩向ことが多いものです。分泌が活発化するプロゲステロンのせいで腸の動きが緩慢になることや、でかくなっていく子宮により腸が押しやられ、動きにくくなっていくためにどうしてもスッキリできないのです。

 

将来に対しての漠然とした心配など精神的な要素が関係していることもあります。動く機会が減ることも便秘の原因となりえます。つわりで苦しい期間は、オナカのベビーの栄養は大丈夫なので、つるんと喉に通る食物を食欲があるときにご飯しましょう。家の人持つわりの妊婦さんのいるときは、吐き気につながりそうなものはどけておくという注意をしましょう。また永遠の謎なのですが、家庭でつくったものより買った食品のほうが食欲が刺激されてはいります。妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで体調が悪化することがよくあります。

 

枕のそばにキャンディーなど軽く口に入れるものを置いといて、動く前に空腹を抑えるとムカムカしなくなります。起きている間もオナカが減り過ぎないように適当な時間にオナカを満たしておくようにしましょう。さらに揚げ物やナマモノは無理でも冷んやりしたものや酸っぱい食物は割と入ります。女性は必ず生理を経験するため、妊娠を別にしても、おもったよりの数の人が貧血です。妊娠中に限定すると、3,4割は貧血の正式な診断がされるようです。

 

 

 

妊娠していると、胎児は自らの血液を生成するのに母親から鉄分を吸収しようとします。

 

 

 

そのようなわけで、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。このような症状を鉄欠乏性貧血と称されています。

 

 

妊娠して28~31週付近でよくみられます。貧血により母側の心臓は大変になり、ドキドキ、ゼイゼイすることがあります。

場合によっては、めまいやたちくらみも起きるかもしれません。

疲労感がひどくて、体も重かったり、血色が優れなかったりします。

ママが貧血を起こしても、すぐすぐ赤ちゃんの成長に支障はないのです。ですが、貧血のまま長期間過ごしていくと、胎児の成長も影響をうけるようになります。

 

 

そして妊婦のほうの体もおもったより状態が悪くなります。妊婦のための青汁(ノンカフェイン)ランキング

健康

関連エントリー
ドリンクタイプの栄養剤を上手に活用して楽になる妊娠中の便秘を忘れるくらいの大変なこと逆効果を避けるために健康食品の賞味期限はしっかりチェックする