Top > 注目 > 乾燥しやすいまぶたや目元ケア

乾燥しやすいまぶたや目元ケア

私が現在も継続して行っている美容方法は、目元の美容方法です。目元の美容を行い始めたのは、31歳の出産後のことです。10代の頃から私は脂質性タイプの肌で、美容用品は基本「脂質性タイプ」「オイリー肌」「さっぱり」などと記載されたものばかりを使用してきました。

 

ところが、出産後今までと同じスキンケアを行っていると、肌の乾燥を感じるようになりました。最初は、「季節の変化のためかな。」とか「美容用品」変えた方が良いのかな。」と軽く思う程度で、どちらかと言えば初めての育児に追われて自分のことなど後回しにしていました。

 

ところが、出産から半年程経った時、まばたきをする度にまぶたや目元あたりに違和感を感じ、触ってみるととても乾燥しているのが自分でも分かりました。

 

それからは、洗顔後や入浴後に今まで以上に念入りにクリームなどを使用しましたが、実感できる程の効果はありませんでした。

 

そこで、子どもを旦那に見てもらえたタイミングで美容皮膚科に伺ったところ、「出産によるホルモンバランスの変化で肌のターンオーバーが加速しているのでしょう。」と言われました。「特にまぶたや目元は他の肌よりも薄く、防衛作用のセラミドも少ないので、ケアも他の肌と同じではいけない。」と注意されました。

 

そこで、うかがった美容方法が

「アイクリームを使用する」

「目元のクレンジングは先にオフする」ということでした。

 

特に、私は脂質性の肌のべたつきがきになっていたので、クレンジングも念入りにしていたので、まぶたや目元には負担が大きかったのだと思います。それからまつげ美容液も欠かさずにつけています。

 

それからは、先生のアドバイスを聞きクレンジングにも気を付け、アイクリームを使用することで、2ヶ月程で乾燥は元の通りにまで回復しました。それでも、加齢と先生のお話しを受けて今でも継続してこの美容方法は続けています。

注目

関連エントリー
乾燥しやすいまぶたや目元ケア容易に所有する不動産の査定を格安で実現したい結婚式余興ダンス